BTemplates.com

2016年7月5日火曜日

仕事しながらランサーズでも、1ヶ月で月10万行くのにびっくりした

スポンサーリンク






最近、マイホームを買(ってもら)いました。今まで掘っ立て小屋のようなカオスな空間に住んでいて家具も何もなかったので全部買い足さないといけません。
カーテン、ベッド、冷蔵庫、クーラー、お風呂グッズ、洗濯物グッズなどなど。引越前にざっと計算したのですが、最低でも15万以上はかかりそう。お金がなさすぎたので困っていました。そんな時に出会ったのです。(青汁のCM風)

クラウドソーシング「ランサーズ」 に・・・

当時の私は、といっても数ヶ月前の私はおしゃれ系の仕事がしたくて頑張るも夢破れ、途方にくれていました。おしゃれ系に挑戦して諦めるのはこれで5回目くらいのような気がします。ほそぼそとイラストを描いていましたが、売上はなかったです。月100円くらいあったのかな?今思うと本当にやばい状況ですね。よく普通の精神状態でいられました。

きっかけは、集団ストーカーだった


2chまとめ読んでいたら、統合失調症だと思われる女性が描いたエッセイ漫画と出会いました。内容は集団ストーカーされていて超迷惑!という内容なのですが、しっかりとした手書き文字に可愛い絵柄で描かれたトンデモな内容に驚愕しました。

そして集団ストーカーという症状が気になって調べていたら、出会ったブログがこちらです。
千葉市の編集プロダクション「かずinc」 (名もなきライターのブログ)

名もなきライターさん。おそらく通称なもさん。彼女はランサーズやクラウドワークスからライター業をスタートさせ、今ではこの中間業者を通さない直接契約もしていて(ランサーズ・クラウドワークスと関係ない直接契約)、2014年から始めて2016年には月商243万円になったというのですから驚きです。

そういえば私、ランサーズ使った事ある


そこで思い出したのですが私は5年前に、ランサーズに登録していました。登録した月に腕試しに記事を書いてみて1ヶ月か2ヶ月で月6万円稼いだ記憶があります。その時はインフルエンザにかかって、しかも成人式もあって、初めてのライティングはテンヤワンヤでめちゃくちゃ苦労して稼いだ6万円でした。文字単価も0.5円くらいだったかも。

ランサーズでライティングを経験した私は、稼げるけどめっちゃきついなという印象でした。それに私は元々、「依頼される仕事ってなんかめんどう」という気持ちがありました。でも文章書くのってけっこう楽しいな、と思いその後ネイバーまとめをしって、その後にブロガーというブログを書いて生活している人々を知りブログはじめてみました。

1年くらいはブログと向き合ったつもりでしたが稼げても月5万くらいだったと思います。その後はイラストを描いたり、おしゃん系サイト作りに挑戦して負けていました。

稼げる方法をそのまま真似してみた


それで、現在。仕事しているし、バイトするわけに行かないけど引越し費用&新居費用を稼ぎたい→ランサーズとかでめっちゃ儲けてる人いる→そういや私も登録してた、もう1回やってみよ

となったわけです。ついでにクラウドワークスにも登録しました。最初はイラストをメインでコンペやプロジェクトをやっていました。が、時間がかかるのに採用されないし稼げないので、今までやめていた記事作成をしてみました。

名もなきライターさんがランサーズで稼ぐコツを書いていたので、(月商100万稼ぐライターが教える、ライターで確実に生計を立てる方法 )そのまま真似しました。クライアントと直接やりとりするのではなく、大手サイトの大量案件をランサーズの社員さんがまとめて・しきっている案件に応募する方法です。いつの間にこんな仕組みがあったのでしょうか。5年前にはなかった気がします。

この通りにしたら本当に稼げました。文章を書いてもらいたい人がこんなにいるのかと驚きました。

ランサーズとクラウドワークスの違い


ライティングはランサーズの方が良い案件があると思います。クラウドワークスはランサーズよりもイラストの案件が充実している印象です。ランサーズもクラウドワークスも激安案件しかない地雷クライアントの住処みたいに言っている人が多い印象だったので、私もなんとなくそう思っていたのですが、全然そんなことありませんでした。

もちろん地雷もたくさんありますが、良い案件もあります。これを見分けるためには隅から隅まで徹底的に案件を見ることに限りますね。

ランサーズはスケジュール組んでもらえるので嬉しい


寄稿するサイトは一部上場企業している大手企業が多いです。ランサーズの社員さんを挟んでいる場合は企業の方とはやり取りしません。ランサーズを通すとスケジュール組んでくれたり、要点をわかりやすくまとめてくれるので、めっちゃ楽です。


実際にいくら稼げたのか

アバウトですが4月は7万、5月は8万、6月10万といった感じです。ランサーズとクラウドワークスあわせての金額です。売上はクラウドワークス3:ランサーズ7くらいです。ライティングだけじゃなくイラストの仕事も入っています。始めは1日3時間〜5時間くらい作業していました。6月は作業時間が全くとれない週や1日1,2時間しか出来ない週もありましたが、慣れたので10万を越える事が出来ました。

おしゃん系サイトは作れなかったけど、ライティングは出来た


私はずっと、おしゃれなサイトを作ってみたかったんですが、ネタがないというかセンスがないというか。最初に描いたようにおしゃれ系に挑戦しては、諦めてばっかりでした。おしゃれなサイト運営は出来ていないけど、おしゃれなサイトに寄稿する事は出来ました。テーマ決めてくれるので、すごく書きやすいんです。私のライティングのジャンルはファッション・美容など女性系の記事が多いです。嬉しい。ありがとうございます。

この世には地雷ライターもいる

ランサーズがしきってくれる案件は、何十人のライターと情報を共有します。他のライターさんの事は気にしないようにしているのですが、ついついやり取りに目についてしまう方もいます。大量に記事制作するのに納期もマニュアルも守らない、そう地雷ライターさんです。そんな地雷ライターさんでも稼げてましたよ。結局その方はクビになり、取引禁止相手になったようですが。その地雷ライターさんでも数ヶ月は続けていたので、最低でも20万は稼いだでしょう・・・。

お金に困っている方、ライターしてみても良いかも


誰でもライターで稼げる!とは思いませんが、ネットで調べられる、タイピングし続けれる、マニュアルを理解できる、納期を守れる、やる気ある、読める日本語が書ける、そんな方なら記事制作の仕事は出来るのではないでしょうか。最後になりましたが、ココナラでも少し稼げましたよ。5ヶ月で1万5千円ですが。


そんなわけで、ランサーズおすすめです!







スポンサーリンク

SHARE 

0 件のコメント:

コメントを投稿